2016年9月27日火曜日

Unityで拡張現実(AR) 覚書8

uGUIのテキスト表示について

ARで表示しようとすると,カメラ背景によって文字が見難いことがある。
そこで,文字に輪郭をつけたり,陰をつけたたりして見易くすることができる。

http://tsubakit1.hateblo.jp/entry/2014/12/28/135446

装飾したいテキストをHierarchyで選択しておいて,InspectorでAddComponentする
検索窓からshadowやoutlineで見つける。


2016年9月23日金曜日

Macで複数ディスプレイを使っている時にDockを自由に移動させる方法

あまりに簡単だったけれど、忘れそうなのでメモ

Dockを表示したいディスプレイの下にマウスカーソルを移動するだけ・・・

http://charlie1012.hatenablog.jp/entry/2015/07/01/190000

2016年9月22日木曜日

Unityで拡張現実(AR) 覚書7

Unityでは,Scene上の単位を1ユニットといい,1ユニット=1m になっている


artoolkitの基準のマーカーサイズは 8cm = 80mm = 0.08ユニット となる

パーティクルシステムでは,Unityの1ユニットを基準に作成されていることが多いので,ARで表示しようとするとサイズが大きく違う。
単純にScaleを縮小しても,それ以外の多くのパラメータはそれに合わせて小さくなってくれないため,試行錯誤的に調整しなければならなかった

そこに,救世主現る!

その名も「Particle Scaler」

やっぱり,同じように困っている人がいて,みんなのために作ってくれる人がいるんだね。
使い方は簡単。
パッケージをインストールして,Particle ScalerというC#のコードを修正したいオブジェクトにアタッチするだけ。
詳しいことは,以下のURLに説明があります

http://befool.co.jp/blog/ayumegu/unity-study-ParticleScaler/

2016年9月20日火曜日

Unityで拡張現実(AR) 覚書6

UnityからXcodeで実機書き出しを実行しようとするとエラーになる際の対処法です

プロジェクトのBuild SettingsのBuild Options項目にあるEnable BitcodeをYesからNoに変更します

http://bino.hotcom-web.com/wordpress/archives/247

2016年2月16日火曜日

Unityで拡張現実(AR) 覚書5

C#での透明度設定ではまったのでメモ

どうやら Javascript と C# で書き方が少し違うらしい。
Javascriptの本しか見ていなかったから,わからなかった。

くわしくは下記へ

http://yk3.org/blog/?p=76

2016年2月14日日曜日

Unityで拡張現実(AR) 覚書4

NyARToolkit用のマーカーを作成について

マーカーを自作して,認識させる方法です。

http://foonyan.sakura.ne.jp/wisteriahill/nextAR_MMD/Making_Marker.html

addARMarker関数について詳しい説明があって助かりました。

2016年1月21日木曜日

iPhoneを使って外出先からでも家電を操作できる学習リモコンを使ってみた

当たり前ですが,寒くなったので家に帰ると部屋が寒い。
ファンヒーターが着火するまで結構時間がかかるので,部屋が暖かくなるまで防寒着を脱げない。
あったかい部屋に帰れないかなぁという贅沢な悩みを解決してくれる機器を見つけたので,早速購入して使ってみました。

IRKitは,iPhoneを使って外出先からでも家電を操作できる学習リモコンです。

家に無線LANが使える環境とiPhoneかiPadがあれば,本当に簡単に利用することができます。

使い方は,ここのサイトが詳しいです。
封を開けてわずか10分で使えるようになりました。

外出先からエアコンのスイッチを入れて,あったかい部屋に帰れたときは感動しました。